滅菌に特化•ハイエンドに焦点を当てる

DTSマーケティングセンターウォーキングトレーニング活動ドキュメンタリー

2016年7月3日(日)気温は摂氏33度で、DTSマーケティングセンターの全社員と他部門の社員(姜維会長や各種マーケティングリーダーを含む)が「歩く、登る、食べる」をテーマに実施しました。苦難、発汗、目覚め、そして良い仕事をしている」。徒歩でのトレッキング。

この研修の出発点は、本社、DTS食品工業設備株式会社のオフィスビル前の広場です。終点は諸城市の竹山公園で、山を下る旅は合計20キロ以上あります。同時に、このハイキング活動の難易度を高め、従業員が自然に親しむことができるようにするために、同社は特に田舎の険しいトレイルを選びました。

このトレッキングの練習中、救助車はなく、立ち去るたびに、多くの従業員、特に一部の従業員は、途中で停止することを考えていました。しかし、チームの支援と集団名誉の推進により、研修に参加した61名(女性15名を含む)が朱山山の麓に到着しましたが、これで研修は終わりではなく、目標はトップです。山の麓一気に山にたどり着くために、山のふもとで一休みして足跡を残しました。

少し休憩した後、チームは登山旅行を始めました。登る道は危険で困難で、足は酸っぱく、服はびしょ濡れでしたが、オフィスには見えない光景、緑の草、緑の丘、香りのよい花も見られました。

4時間半後、ようやく山の頂上に着きました。

山の頂上では、研修に携わったすべての人が会社のバナーに自分の名前を残しており、会社はこれを永遠に大切にしています。

同時に、山に登った後、江大統領もスピーチをしました。彼は言った:私たちは疲れていて、たくさん汗をかきますが、私たちは食べることも飲むことも何もありませんが、私たちは健康な体を持っています。私たちは、ハードワークで不可能なことは何もないことを証明しました。

山の頂上で約30分の休憩の後、私たちは山を下る道に乗り出し、午後15:00に会社に戻りました。

研修の全過程を振り返ると、たくさんの感動がありました。道中、村に女性がいて、こんなに暑い日に何をしたのか、疲れて病気になったときはどうしたらいいのかと言っていました。しかし、私たちの従業員は皆、ただ微笑んで続けました。はい、それは倦怠感とは何の関係もないからです。私たちが望んでいるのは、私たち自身の承認と証明です。

会社から竹山へ。色白の肌から日焼けまで。疑いからあなた自身の認識まで; これは私たちのトレーニングであり、これは私たちの収穫であり、DTS、仕事、学習、進歩、創造、収穫、幸せ、共有の企業文化も反映しています。

優秀な従業員と優秀な企業しかありません。このような勤勉で粘り強い従業員のグループがあれば、DTSは将来の市場競争において無敵で無敵になると信じています。


投稿時間:2020年7月30日